零細企業の社長は辛い

いろいろあって起業したので、その経験や経緯等を記載したいと思います。

年が明けましたね

今更ですが、あけましておめでとうございます。前回の更新からすっかり時間が空いてしまいましたね。近況と言うと、年末にかけて売上が順調に推移してくれました。おかげで、年末までズタボロになるまで働くことになりましたが。

 

今年は、昨年の1.5倍くらいは売上を作らなきゃいけないので、ますます頑張らねばなりません。ということで、銀行様に融資の申し入れを行っている最中の弊社。引き続き、一つ一つ確実にこなして、取り組んでいきますということで、年初の更新とします。

4連休

世間では4連休のようで、皆様ゆっくりとされているのだろうか。弊社も表向きは4連休と言うことですが、実質は火曜日以外は出勤しているという状態です。社員のみんなには申し訳ないけど、来月の新規立上げ準備しないとどうにもならないのが今の状況です。少し落ち着いたら、振替で休暇を設けてあげないとなー。

 

コロナ禍ということで、あまり営業自体は芳しくないですが、何とか今年も新規案件の受注が出来て一先ずホッとしたところです。一時コロナ対策で商談をどこもしてくれなかったしOTLでも、流石に今年新規0は、当社の計画からしても来期以降で相当しんどくなってくるのが目に見えてますのでね。基本的に新規は以降のベースになるので、そこがなくなると補填に走らなきゃならんですので、結構深刻な問題です。

 

こんな時に、「守りと攻めのバランスを考え」てと金融機関や士業の先生は言われますが、そもそも、昨年立ち上げたばかりの弊社のような零細企業は、まだまだ攻めなきゃならないと思ってます。ってことで、今は攻めた結果である新規の立上げに向け、データ連携システムの構築や運用についてを早々に固めていくためにも、頑張って働きますかな。

資金繰りを考える 2020夏

今期も半分をそろそろ終えるので、先について少し考えなきゃなーと言うことで綴ることに。考えるのは、やはり資金繰りですけどね。 コロナ関係の融資や補助金について調べてみたが、結局のところ、昨年起業したばかりて一期経過した弊社の様な所だとどうなんだろうか。昨年比で売り上げは増加傾向、先月比でも増加、この時点でほぼほぼ対象の要件定義から外れる。既存一社当り売上で見ると、売上は減っているという側面もあるが、取引先数が増えたので、総額の売上高でしか見ないとなると、どうにもならん\(^o^)/ 売上の増加に伴い人員、仕入の増加で販管費も増えているが、そんなん要件的には関係ないし。セーフティーネット貸付ならと思うが、事業の拡大に伴い現状の赤字幅は膨らんでいるので難色を示すだろう。「身の丈に合った動きをしてない」と言えばそれまでだが、今期で「部門ごとのあらかたの基盤を作る」ということで動いているために、弊社からすると必要な投資である。これらの投資があるから、囲い込んだお客様と共通化した仕組みで、あまり労力を掛けずに利益が稼げるという作りになっているし。 売上は増えているが、赤字の会社に金融機関様がお金を出すとは考えにくい。いやはや、困ったものだなー。と言うことで、今しばらく社長が我慢で耐えていくことにしますか。

そーいうとこ、あるよね?

お盆休み最終日ですねー。
タイトルは標記は違いますが、同音の曲を聴いていたのでこれにしました(笑)29時間テレビもやってるしね!

弊社も一応お盆休みは、お客様も稼動しないので、お休みにしましたが、細々やることはあるので、社長は何だかんだお仕事しておりました。
社員は家庭に居場所ない方以外は休み、居場所ない方は社内で社長のお手伝いか、読書やネットサーフィン等々好きなことやってました(笑)

さて、零細企業と言うことで、「勤務時間の管理がいい加減」、「残業長くなりがち」、「休日出勤も当たり前」等々、「そーいうとこ、あるよね?」ってことが悲しいけど多々あります。
社員の皆さんが頑張ってやってくれるのはありがたいですが、「そーいうとこ、良くない!」とも思っているので、下期については、少しずつ改善させていく予定です。

グループウェアの使用や、スクレイピングツール、提案用データベースの構築等々優先順位付けていたものが、来月には一通り揃うし。

と言うことで、全て社長の全部独り言でした。まだまだ暑いようなので、ムリせずご安全に。

難しい問題

委託先の現場が相変わらずヒドイ。自分の判断で勝手に動き、結構な頻度と程度のトラブルを起こして、叱ると開き直る。現場の判断で実行して問題ないことも幾つもあるが、少なくとも「一番最後のお客様に迷惑を掛けることはNGでしょうが。」という観点は外せない所だと思う。「面倒なことになりそうなのでやりませんでした」と言うのは構わないが、整合性もなく面倒と決めつけ実行しない、全くそぐわない過去の経験を頼りにすることの方が、かえって面倒なことになるという認識はゼロなのだろう。

 

少しずづでも、この辺の感覚や物事の考え方等も、自分より一回り以上年上の方々に教えていかなきゃならないと思うと気が思いOTL失礼な話だが、今までよく仕事して来れたなーと思ってしまう。一番困るのは、教えてもだいたいが煩がって話を聞きすらしない。

 

初心だったり謙虚さと言うのは、年齢に関わらず一番必要な要素なのだろう。

 

 

ありがたいお話

金融機関様から「お時間頂けませんか?」とのご連絡が、ありがたいことにしつこいくらい来る。何だかんだで一年経ったことに対しての一定の評価を頂いたと勝手に認識しています(笑)じっくり時間を取って、お話を聞きたいとも思うのだが、如何せん纏まった時間がまともに取れないorzある意味で嬉しい悲鳴です。

さて、早いもので今期ももう3ヶ月経過。今の環境で、どこまで膨らますことが出来るか分かりませんが、出来ることから確実に膨らませるしかないですね。

下方修正

いつまで続くかは分からんが、時間があるので更新です。

見事に今月も引き続き売上ズタボロになりそうです。ということで先の見通しも含めて、全て下方修正することにしました。じゃないと、資金繰りが出来ないので、どうにもならんということです。一応、前年比では結構な数字で伸びているので、コロナ関連の融資要件も満たさないというわけが分からん自体になってます\(^-^)/

で、今年1月からの予測と実績の乖離を元に簡単にシミュレーションしてみたけど、まーヒドい。固定で社員給与、家賃、リース代、社保等々が掛かる中、売上額ダウンして利益額が減る。でもこれらを払わなきゃならん。うーん、完全に詰んでる気がします。そもそも、うちのスタンスだと4カ月に新規1件、年間3件の新規受注計画だったのが、全て頓挫。おまけに継続・新規商談も中止でまともに営業活動が出来ないので、今年は新規ゼロ件もあり得そうで笑えないOTL

つーか、3月までは先方の拡大に伴って、新規契約書巻くはずの客も先が分からんから、一度忘れてくれとか言いだしたから、真面目にヤバい。アメニティ関連だから分からんでもないが、月の売上見込みかなり高くしてたのでカバーしきれないし。

中途半端に融資してもらっても先が分からんので、長期的な目線でかつ、借り手のリスクの少ない方法での支援してくんねーかなー。じゃなきゃ基盤作ってる設立1年、2年足らずの会社はどうにもならんわ。